Entrance to New Exit

* This below is quoted from a whitepaper uploaded on SchemaLogic website.
* SchemaLogic’s offering is quite unique, in terms of metadata management all through unstcutured data. Will mention in detail some other time.
http://www.schemalogic.com/media/pdf/IT-Thought-Leaders-FINAL.pdf


   Insight & Perspective    /    IT Thought Leaders
   Kevin Cable (Executive Vice President, Cascadia Capital)
   Financial Changes to Watch
   The most significant change, in my view,
   is that the behemoths are going to get even bigger
   by purchasing the best green field companies out there.
   The monster growth opportunities will be fewer and further between
   because of the maturing IT industry.
   M&A will continue to play a role in a high percentage of exits.
   Finally, VC’s will be more measured regarding round sizes
   because of the shrinking number of big opportunities I mentioned above.
   One final thought strikes me:
   we need to really begin to settle on capital efficient models
   that will help companies scale with less.

Being in charge of business development,
I often check the list of VC, to find out what solutions to focus on.
But assuming that VC will come to think that M&A is one of options as exit,
I will get so much reluctant to make research on the field.

Surely you guys will relate this post to the case of Coghead.
I wouldn’t talk about it in detail as some others would do.
Bud I will introduce this passionate post by the one supported.
Coghead Post Mortem: A Partner’s Perspective
http://www.deliveredinnovation.com/saaskatoon-saas-blog-by-delivered-innovation/coghead-post-mortem-a-partner-s-perspective.html

この原文は SchemaLogic の website に掲載されている白書から引用されています。
SchemaLogic のソリューションは、非構造化データ(RDBMS に対置されるコンテンツ)
に対するメタデータ管理に特化している点が非常に特徴的です。


   洞察と展望    /    IT識者リーダー
   Kevin Cable (Executive Vice President, Cascadia Capital)
   私が考えるに、最も重要な変化は、
   誰も手を付けていない分野を買収することで、巨大企業が更に巨大になろうとしていることである。
   IT 産業が成熟しつつあるために、爆発的に成長する機会というものはより少なくなるであろう。
   企業買収は、一つの打開策として極めて高い可能性がある。
   ベンチャー・キャピタルにとって、大きな機会は減少している。
   企業が成長する際の投資をより少なくするという、
   効率的な投資モデルを見付け出す必要があると真に考えている。


事業開発を浮世の姿とする私は、
商材を見付け出す手段として、海外 VC の保有一覧をチェックすることがあります。
(この詳細を語ることは飯の種を明かすことになるので、
食指も動かないものしか Kamakura では語られないと思われるのは、間違いです。)
しかしこのように買収されることを前提とするならば、
その商品を担いで事業化するまでもない。従来型の事業開発が難しくなっている。

これを読まれて、Coghead の一件を思い浮かべる方もいらっしゃることでしょう。
これに対する詳細な分析は、別に譲るとして、
技術に対する熱情を忘れずに、
Coghead Post Mortem: A Partner’s Perspective
http://www.deliveredinnovation.com/saaskatoon-saas-blog-by-delivered-innovation/coghead-post-mortem-a-partner-s-perspective.html
Post Mortem とは、死後のことだそうです。

※ 「Entrance to New Exit」とは ;
起業をサポートするエンジェルが、
株式市場上場ではなく、企業買収されることをその収益手段としてはじめたこと。

広告

~ by kamakura : 2009/03/11.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。