私がシングルライフ?に戻った極々私的な理由

7月1日朝9時過ぎ、成田空港第二ターミナル。
出発ボードの真正面に位置するソファーにだらしなく座していたものの、
ボケっとしている間に、ふと気付いたら、、、、
「PR431、、、、、、、、”Departed”、え?!
定刻前じゃん。あの(遅延やキャンセルも珍しくない)PAL(フィリピン航空)が
そんなことないでしょ、”Delayed(遅延)”じゃないの?」
でも日本語表示で確認すると、やっぱり”出発済”。
その瞬間、心の中にポッカリと穴が開いた感じがして、
不覚にも涙してしまいました。
「あー、本当に行っちゃったんだな。」
震災当日から112日目のこの日、
私の妻と私の息子、ともに愛する二人がフィリピンへと行ってしまいました。

では何故彼らは私を一人ぼっちにしてしまったのか?
まず妻子に逃げられるようなドジを踏んだ訳ではないことをお断りします。
迷いなど全く無く妻子の背中を押すことが出来たのは何故だったのか?

一つ目の理由からですが、
東日本大震災後の福島第一原発が今日現在も決して安定している訳ではなく、
いつ何時どのような重大インシデントが発生してもおかしくないと言われています。
となれば最悪の重大インシデントを想定して、それに備えるべきと考えるからです。
ちょうど津波から逃れようとして車で移動中に渋滞にはまってしまい、
結果津波に襲われてしまった悲しいケースのように、
万一の重大インシデントから西方へと逃げ出す車列にはまって、
動かない車の中で子供を被爆させるなんて想像したくありません。

そして二つ目の理由が食べ物の問題。
そもそも安全な産地を選択する余地も少ないまま、
スーパーに並ぶのは北関東産の野菜ばかり。
(殆どの方が低線量被爆という危険を無視してしまうんですね。)
仮に北関東産ではない野菜を見付けても、産地偽装の疑いを持ちながら、
日常生活でやりくりするのは限界だと思ったからです。

そして空間線量は今日現在そこまでではない一方で、
土壌汚染は相当に酷くなっている可能性があるだろうと思います。

隠れ肥満じゃありませんが、隠れ汚染です。
これが三つ目の理由です。

大変有難いことに、心優しい友人、知人には、
まだ幼い愛息の教育(特に日本語)をご心配頂くことがあります。
うちの場合、二語以上の言葉を話すようになるのが遅く、
最近ペラペラになったばかりなので、
確かに勿体無いなーとは思いますが、悔むような勿体無さではありません。
何故なら健康が絶対的、第一であるからです。
譲れないんですよ。
子供が病気になれば、親は誰しも仕事が手に付きませんよね。
例えちょっと熱を出しているだけでも、慌てふためいてしまうのは、
うちだけではないのではないでしょうか?
親バカなもので、離日の数日前に秘密の場所を散歩したイメージをば。
親の身勝手な幸せなんて、心に仕舞えば良い。

では、行くからには帰りもある訳で、いつ帰国させるのでしょうか?
実は初孫と離れ離れで寂しいうちの両親からは何度も同じ質問をされています。
何ともハッキリ言えないのがもどかしいところです。
チケットが一年オープンなので、
とりあえず来年三月の帰国便を予約していますが、
それまでに原発が冷温化・安定化しなければ、
今回あっちにやる原因はそのまま解決しないのですから、
帰国は難しいと考えています。
数年あちらでというのも選択肢となるかもしれないとまで思っています。
どれだけの危険を見込み、リスクを取るか、正に自己判断となります。
私の場合は最大最悪に準じる危険を見込んで、
それなりのリスクを取った次第です。
(別の機会に書きますが、ミニマックス原理というそうです。)
お読みになる方がそこまでの危険はないとお考えならば、
相応のリスク=一時避難するまでのリアクションにならないのは、
そういうことなんだろうと思います。

来週の月曜日から、愛息の新生活が始まります。
現地の教会に付設している英語教室で、
月曜日から金曜日まで、朝8時から午後2時まで、
勉強してくれるみたいです。
日本人特有の細い吊り上がった目をした俺と違って
うちの愛息はお目目パッチリだし、英語ペラペラになれば、
将来はモテモテ確約です。
私は頑張ってくれている愛妻のこと、愛息のことを
誰よりも誇りに思います。
その気持ちを胸にすれば、一人寂しく流す涙もちょっとだけで済むのです。
がんばろう家族、がんばろう自分;)

七夕も残すところ後少し。
織姫と彦星が一日でも早く再開出来ますよ~うに!
ソウルマッコリを一人飲みながら、、、、

広告

~ by kamakura : 2011/07/07.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。