お米と付き合う ~掃除編~

今日はフィリピンで買ってきたお米のメンテナンスをしました。きちんとパッケージ包装されているものと違い、量り売りしているものにはどうしても汚れが混入しているのです。前回の投稿の#2. 赤米 Red healthy organic、#3. 茶米 Brown organic healthy diet rice の2種類が対象です。

例えば小石やゴミ、そして虫を取り除かなければなりません。小石が残ったままですと、口の中でガリッという非常に嫌な体験が待っています。お米を研ぐ時にきちんと洗えば簡単に仕分けられると思われるかもしれませんが、小石は案外残っているのです。

ザルにお米を少量ずつ開けて、前後左右にワサワサワサワサと揺らして、ザルの細かい目から溢れる小さなゴミ。これは殆どないです。意外だったのはザルに開けてみれば、余り無いと思っていた屑米がママ見受けられたことです。それでも少ないです。
IMAG0588

そして虫はコクゾウムシのようなもの。生きていて元気なものもいれば、死んで乾燥しきっているいて粉になってしまうようなものもあります。
(↓虫が嫌いな人は注意!)
Wikipedia 「コクゾウムシ」 http://goo.gl/0aai
Yahoo!検索 (画像) 「コクゾウムシ」の検索結果 http://goo.gl/j2ZR1
この掌のポチッとした黒い小虫がそやつです。象虫のようにノーズが長いですね。ザルの目に逃げ込もうとしているのを爪先でプチッと潰して捕まえます。
IMAG0592

たかだか4kg前後でしたが、ザルに少量ずつ開けてする作業は結構面倒臭いです。
IMAG0593

このようにしてお米を炊く前にお掃除するのはフィリピンでは極普通に見られる風景ですが、日本で普通に暮らしている限りはこのような経験をすることなどまずないですから、良い経験です。お米は日本人の主食であり、心とも称されますよね。正にその通りだと思います。これを日常生活と切り離してしまったから、如何に大切なものなのか、忘れてしまうんですよね。便利なことは良いことですが、ちょっとだけ考えものです。

#1. Mt. Fuji Japanese Rice KOSHIHIKARI
その一方でコシヒカリは綺麗なもんです。新米だったからでしょうか、水を少なめにしたのに炊き上がりがベチャってしてしまいました。そのせいか味は不味くもなければ美味くもない、固めに炊き上げるまで味の評価はお預けです。
IMAG0596

この製造元さん Green Heights Agricultural Corporation (http://www.mtfujirice.com/) からは非常に丁寧な回答を頂戴しました。土曜日の夜に仕事をしているフィリピン人なんてそういないと感動してしまいました。そのまま転記させて頂きます。要するに、ネグロス島で周年生産しているけれど、品質を一定に保つためにはそれなりに農薬、殺虫剤を使わねばならんと。きちんといっていただけると安心しますね。

以下、Q&A を転記させて頂きます。

Q1. Is this rice made in Philippines? Or just being imported from Japan and resold in Philippines? Most resellers in manila, including those in SM, says it’s from Japan!
A1. We grow the rice in the Philippines from genuine Koshihikari seeds that we get from Japan.

Q2. If it’s originally made in Philippines, where of Philippines is this from? I heard the rumors that it’s from Negros island.
A2. That is correct, our farm is in Negros. Our major site is in the foothills of Mt. Canlaon, about 700m. above sea level. What is good about the location is the cool climate and fresh mountain water. We have been growing it there for some 30 years now.

Q3. How about usage of chemical fertilizers & pesticides? How much and how often are you using? I don’t think your “KOSHIHIKARI” rice isn’t grown up organically.
A3. Yes, unfortunately, it is too difficult to grow Japanese rice organically in the Philippines. Pests and rice diseases often prefer to attack our rice rather than the local varieties. However, we have have greatly reduced our use of chemical fertilizers and pesticides through our expanded use of composting (we produce about 2 tons a day of compost) and application of Integrated Pest Management (IPM) practices that we have learned from the International Rice Research Institute.

お米は奥深いなと勉強させられることばかりです。元々は福島第一原発事故による放射能汚染から始めた調査ですが、その防御対策と同時に、お米のことをもっと知りたいという思いが強くなっています。

広告

~ by kamakura : 2011/10/02.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。